ハーレー鉄板手法

日本人にマッチするタイプに!ハーレーのブレーキレバーとクラッチレバー

ハーレーアメリカの走行会 ブレーキレバー

「ハーレーのブレーキレバーとクラッチレバーが大きすぎる!」と思う日本人のハーレーライダーは多いのではないでしょうか。
ハーレーはアメリカ人を基準に作られているため、一般的にアメリカ人より身体の小さな日本人にとってはサイズが合わないケースも少なくありません。ブレーキやクラッチに関しては、バイクの安全走行をする上でも、重要なパーツのため、サイズが合わないのであれば適正なものに変更することが必要です。何よりも安全に配慮することが大切となってきます。

ブレーキレバーやクラッチレバーを小さなサイズに変更することは可能です。ノーマルのレバーを、細いタイプのものに交換することで、操作性は格段に向上することになるでしょう。「価格が高いのでは?」とコストを気にする人もいるかもしれません。しかしながら、そのような心配は無用です。リーズナブルな価格帯での入手が可能です。見た目も代わり映えしませんが、費用負担も抑えることができます。

ソロツーリング

ブレーキレバーやクラッチレバーの交換にあたっては、工具を用意する必要もあります。
スナップリングプライヤーと称する特殊な工具とスパナがあれば大丈夫です。スパナは1/2と9/16インチの両方のサイズがあるのが理想的です。交換の際に留意しなければならない点として、スナップリングを紛失しない点が挙げられます。スナップリングはレバーの支点の役割を担っているため、無くすと交換自体が難しくなります。レバーの取り外しが終われば、新たなレバーを取り外しの手順の逆に進めて行けば問題ありません。盗難防止対策として、着脱式のクラッチレバーがあることも覚えておくと良いでしょう。レバーそのものが、キーの役割となるため手間いらず。大切なハーレーを盗難から守ってくれる優れものです。

ハンドルを握る