ハーレー鉄板手法

日本人にマッチするタイプに!ハーレーのブレーキレバーとクラッチレバー

ハーレーアメリカの走行会 ブレーキレバー

「ハーレーのブレーキレバーとクラッチレバーが大きすぎる!」と思う日本人のハーレーライダーは多いのではないでしょうか。
ハーレーはアメリカ人を基準に作られているため、一般的にアメリカ人より身体の小さな日本人にとってはサイズが合わないケースも少なくありません。ブレーキやクラッチに関しては、バイクの安全走行をする上でも、重要なパーツのため、サイズが合わないのであれば適正なものに変更することが必要です。何よりも安全に配慮することが大切となってきます。

ブレーキレバーやクラッチレバーを小さなサイズに変更することは可能です。ノーマルのレバーを、細いタイプのものに交換することで、操作性は格段に向上することになるでしょう。「価格が高いのでは?」とコストを気にする人もいるかもしれません。しかしながら、そのような心配は無用です。リーズナブルな価格帯での入手が可能です。見た目も代わり映えしませんが、費用負担も抑えることができます。

ソロツーリング

ブレーキレバーやクラッチレバーの交換にあたっては、工具を用意する必要もあります。
スナップリングプライヤーと称する特殊な工具とスパナがあれば大丈夫です。スパナは1/2と9/16インチの両方のサイズがあるのが理想的です。交換の際に留意しなければならない点として、スナップリングを紛失しない点が挙げられます。スナップリングはレバーの支点の役割を担っているため、無くすと交換自体が難しくなります。レバーの取り外しが終われば、新たなレバーを取り外しの手順の逆に進めて行けば問題ありません。盗難防止対策として、着脱式のクラッチレバーがあることも覚えておくと良いでしょう。レバーそのものが、キーの役割となるため手間いらず。大切なハーレーを盗難から守ってくれる優れものです。

ハンドルを握る

 

ノーマルパーツからカスタムパーツへ交換して愛着を深めるのもハーレーの魅力

ハーレーカスタム ガソリンタンク

ハーレーはアメリカを代表するバイクの1つであり、そのため、国産にはない魅力があります。その魅力の1つがデザイン性となっており、パーツを自分の好みや使いやすさやに合わせて交換して自分だけのハーレーに仕上げていくのがハーレーの魅力です。購入初期はノーマルパーツが使用されていますが、ハンドルやフロアボード、マフラーなどのカスタムパーツと交換する事で世界に1つしかない自分だけのハーレーにできます。例えば、足を置くパーツであるフロアボードをカスタムパーツに交換するだけで見た目の変化だけではなく、足元の安定性の向上により、長時間の運転も快適にできます。また、スピードメーターなど走行中に重要なパーツも交換するだけで見た目や乗り心地が大きく変わります。

スピードメーターにはアナログとデジタルの2種類がありますが、いずれにせよ走行中に速度を確認するのに重要です。基本的に一目で速度を判断できるアナログが主流となっていますが、デジタル表示の場合は暗い場所でも数字が発光するため、見やすいメリットがあります。また、マフラーなどもハーレーにおいて重要なパーツであり、地を這うような重低音が体に響き渡り、加速すると共にその音は変化していきます。マフラーをカスタムパーツに交換するとそのサウンドにも大きな変化が生まれます。自分好みの音やデザインを選ぶ事が重要です。

作業場

ハーレーのパーツにはハンドル廻りやフット廻り、エンジン廻り、そして電飾系、ライト、ウィンカーなどに分けられており、その細かいパーツ1つ1つをカスタムパーツに交換する事で自分だけのハーレーにする事ができます。ハーレーをさらに楽しむために、ノーマルパーツからカスタムパーツへの交換を検討してみてはいかがでしょうか。

ハーレーロゴ部分